FacebookユーザーをねらったYouTube動画詐欺 気をつけましょうね

引用文
同ブログは、「サイバー犯罪者がFacebookやYouTubeを利用し
ユーザーの関心を引くような動画やプレゼントを餌にして詐欺行為を働く。
こうした手口が最近もいくつか発見されている」と指摘
マルウェアの作成者はクリック課金の手口で不正に稼いでいるという。
 同社はその手口について、「ユーザーは友達の掲示板に表示されたリンクを、騙されてクリックする。
マルウェア作成者によってオパシティ属性の値をゼロにした目に見えないレイヤーをクリックすると
ユーザーが知らないうちに、悪意あるスクリプトが読み込まれ、バックエンドに注入されれる。
被害者は何回もリダイレクトされたあげく、最終的に調査のページにたどりつく。
その間に注入されたスクリプトは、このユーザーのCookieを盗み出し
ユーザーの知らない間にウォール上に投稿を行う」と、その手口を解説している。
 マカフィー・ラボでは、「被害者のマシンで実行されているブラウザを確認したあと
被害者に偽のYouTubeプラグインやFlash Playerプラグインをダウンロードしてインストールするよう要求する詐欺も確認している」としている。
 同社では、「感染を拡大させることになりかねないので
動画を指すリンクが表示されたら特に注意してほしい。
もし、感染が疑われたらfacebookのウォールにこのような詐欺が貼り付けられていないか調べたり
友達に確認してもらったりしほしい。
場合によっては、ウォールに貼り付けられた詐欺が表示されず、感染したユーザー自身には見えないこともある」と警告している。
 同社によると、こうした手口の詐欺は、別の画像や別のリダイレクトURL
誘い文句で何度も繰り返されるという。
ちなみに「Facebookページをピンク色に変えられる」という過去に散見された誘い文句も“再登場”しているとのことだ。
ここまで
てかこうゆうニュースをさ
TOPニュースにするべきだよね
AKBのスキャンダルがまたTOPニュースだったけど
AKBはどうなることやら
やっぱり上位のメンバーは少しずつ減っていくのかもね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>